次世代省エネルギー基準(平成11年基準)とは?

現在、「省エネルギー基準」と呼ばれているものは、昭和54年に制定された「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)に基づいています。 これは、平成4年に改正され、平成11年3月にされに強化されました。それに伴い、住宅金融公庫も「耐久性」の高い住宅、「省エネ住宅」等に割増融資を新設や増設をし、バックアップする形となりました。 21世紀に相応しい高品質・高性能な住まいの条件となる「次世代省エネルギー基準」とは、一体どんなものなのでしょうか?

「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載・公表された建物部品のみを「防犯建物部品」と呼び、「CPマーク」の使用が認められるのです。

次世代基準とは?

昨今の冷暖房器具の進化のスピードにより、どこでも夏は涼しく冬は暖かい快適な暮らしが、当たり前になってきました。 しかし、そのために家庭で消費されるエネルギー資源は年々増加する一方です。そのためにあちこちから、地球温暖化の声が叫ばれています。 温暖化だけでなく、オゾン層の破壊によって環境的視野から見ると、地球規模での取り組みが最重要だということは、もう数年前から言われつづけているのです。 そこで、1997年の3月に、従来の省エネ基準をさらに強化した「次世代省エネルギー基準」が告知されたのです。

住宅の品質向上のために

「快適・健康・安全」で省エネ効果が高く、長持ちする住宅を建てていく為には、高断熱・高気密は不可欠な条件となります。 ユーザーも見かけだけではなく、性能のよい真に価値のある住宅づくりをもとめています。こうしたニーズを背景に平成12年4月より 「住宅の品質確保の促進に関する法律(以下「品確法」)が施行され、その一環としてスタートした「性能表示制度」の中に「次世代省エネルギー基準」が最も高品質な省エネ住宅として、位置付けられました。

次ページ
Copyright (C) 日本板硝子関東販売(株)all right reserved.