結露のおはなし

  結露はなぜ起こるのでしょう?

寒い日に窓ガラスがビッショリ濡れているのをみたことはありませんか?
同じように電車に乗り込んで、めがねが曇ったり、冷たいジュースを入れたコップの周りに水滴がつくのも、同じ結露と言う現象なのです。 では、何故結露は起こるのでしょうか?

結露の仕組みについて考えてみましょう。 空気中に含まれる水蒸気量が高くなったとき(最大水蒸気量を超えたとき)、その水分がガラスなどに水滴としてつくのです。 当然その量は、気温(室温・外気温)と湿度に関係して来ます。
例えば温度が20℃、湿度が60%の状態から、温度が15℃に下がったとします。すると湿度は当然上昇し82%にもなるのです。 さらに温度が下がるとどうなるでしょう?湿度は100%を超え、空気中にいられなくなった水蒸気が水滴に姿を変え、窓ガラスやめがね、こっぷの表面につくのです。 これが結露の発生です。

  では、結露が発生しやすい状況とは?

これを家の中で考えてみると、湿度が一定だった場合、暖房している部屋に比べて暖房していない部屋の方が、また、日中よりも部屋の温度が低くなる明け方のほうが、湿度が上昇するので結露が発生しやすくなります。 さらに部屋の隅、出窓、厚いカーテンで覆われた窓など暖かさが行き渡らない場所に、発生しやすくなります。また、暖房器具の種類、加湿器の使用など家の中の湿度の違いにも大きく変化します。

  この結露を防ぐには?

有効な方法として「換気」することをお勧めします。 窓を開けて空気の入れ替えをしたり、換気扇などをまわすのも効果があるでしょう。とはいうものの、真冬の夜に窓を開けるとせっかく暖めた部屋が叉寒くなってしまいますね。 結露は一般に窓ガラスに多く見られます。換気が出来ないのなら、窓ガラス自体に対策すればよいのです。

結露に効果があるガラスと言えば、複層ガラスです。2枚のガラスの間に空気層をもうけ、ガラスとガラスの距離をとることで断熱しているのです。しかし、1枚ガラスより厚みがあるため、通常の1枚用サッシにいれることが出来ず、複層ガラス用のサッシが必要でした。(一部ガラスのみ取替え可能なアタッチメントタイプもあります。) しかし、お金も時間もかかるためすぐにというわけにはなかなかいかないのが現状です。

解決策はこちら!「真空ガラス・スペーシア」

Copyright (C) 日本板硝子関東販売(株)all right reserved.