断熱のおはなし

  夏の断熱

これは、日射熱が家の中に入ってくる割合を示したものです。 ここから分かるように、屋根や床からはそれほどでもありませんが、窓などの開口部から実に7割もの熱の侵入があるのです。

夏の場合はいくらエアコンで冷やしても、窓際からどんどん熱が侵入してきますし、冬はせっかく暖めた暖かい空気が、外に向かってどんどん逃げてしまうのです。 ファンヒーターや石油ストーブ、エアコンなど力の強い暖房器具もこれにはかないません。
しかも夏と違って、冷たい空気は足元に溜まります。 ですから実際の体感温度ではもっと寒く感じるのです。
そしてこの状態から「結露」が生じるのです。 結露については、「結露のおはなし」で詳しく説明していますが、この結露、ほおっておくと大変なことになります。

結露してしまうとサッシやサッシ枠、壁や床までビチャビチャになってしまいます。 これは不快なだけではなく、アトピーなどのアレルギーの原因にもなってしまうのです。 夏も冬も、一番熱が逃げる場所が窓ガラスなどの開口部だということは、おわかり頂けたかと思います。
いくら省エネ機能のついた冷暖房器具を使っていても、これでは困ってしまいますね。 一体どうしたらいいのでしょう。

それなら熱が一番逃げていく(入ってくる)、窓ガラスなどの開口部を断熱すればよいのです。
一般的には、複層ガラス(ペアガラス)などの断熱ガラスがおすすめです。
さらに、サッシを替えずにガラスだけの交換も可能な「真空ガラス・スペーシア®」もあります。これなら大掛かりな工事が必要ないので、時間とお金まで省エネできます。
しかし、いくらガラスを断熱しても、サッシなどアルミの部分から熱が逃げたりするのでは?・・・と言う方、その場合は断熱サッシなどを検討していただくと、さらに断熱効果は高まります。
他にも色々な方法がありますので、お気軽にご相談ください。(お問合わせ)

Copyright (C) 日本板硝子関東販売(株)all right reserved.