防音のおはなし

窓から入ってくるものは様々です。 光や風、景色や熱など快適な暮らしを創り出すもの。反対に暑さや寒さ、音など時と場合によっては不快なものも数多くあります。 特に騒音は、不快なものが多いのではないでしょうか。 もちろん音に関しては個人差があり、聞く人によって快にも不快にもなります。しかし、だからこそ切実に悩める問題なのです。 音は、窓などの開口部だけから入ってくるわけではありません。壁や床、天井などからも侵入してくるのです。ですから建物全体の対策が必要なのです。

騒音対策と言っても、その騒音の性質、伝達ルートによって各部の対策は違ってきます。 マンションなどの集合住宅の場合は、隣接している壁や床、天井、配管などを通じて侵入して来ます。 また、地響きを伴う自動車や電車などの交通騒音の場合は、建物などの構造体にも対策が必要となってきます。 ピッキング対策や防犯ガラスだけではなく、外から見てこの家は入りにくいと思わせることが重要なのです。 一方、離れた隣家からのピアノやステレオの音など、比較的遠方から空気を通じて伝わる騒音の場合は、開口部などへの対策が必要となります。 この当たりは、知識ともに経験も必要となってくるため、専門家に相談されるとよいでしょう。

では、窓ガラスなどに出来る防音対策は? 例えば、「防音合わせガラス」。これは2枚のガラスの間に特殊中間膜を挟み込み、ガラスの共鳴を抑えたものです。 他に「真空ガラス・スペーシア®」なら、ガラスの間が真空なので、音の伝わりがなく、しかもサッシはそのままでガラスの交換だけで済みます。 しかし、開口部だけでも音はサッシの隙間から入ってきます。防音ガラスなどの効果をあげるには、防音サッシなどとの併用がおすすめです。

今騒音でお困りの方は、ぜひ一度ご相談されることをおすすめします。

(お問合わせ)参考サイト 日本板硝子環境アメニティ

Copyright (C) 日本板硝子関東販売(株)all right reserved.