防火のおはなし

あなたは防火について考えたことありますか? 「ウチは気をつけているから大丈夫。」その油断が、取り返しのつかない大惨事になりうるのです。 火災が発生してから慌てても遅いのです。燃えさかる炎はあっという間にあなたの家も財産も、大切な人の命まで奪ってしまうかもしれないのです。 そんなことになる前に、未然に防ぐ対策をすることが重要です。

  火災の原因

右の表を見てください。
これは消防庁による「建物火災による発生原因」です。火災の原因でもっとも多いのは、「放火・放火の疑い」を除くと「コンロ」となっています。そして次に多いのが「タバコ」となっています。 これらは、原因の実に4分の1を占めているのです。このことからも考えられるように、日々のちょっとした不注意から、火災は起きているのです。
「放火・放火の疑い」も犯罪としてはかなり悪質なものですが、未然に防ぐ対策として、燃えやすいものを目のつく場所に置かない、ゴミなどは夜出さずに必ず朝だすようにするなど、家の周りに気を配ることによって、防ぐことが出来ます。
また、最近の火災の原因のひとつに「トラッキング現象」というものがあります。 これは、コンセントにささっているプラグに埃が溜まり、そこに湿気が加わり、プラグ間に繰り返し放電が加わることで発火するというものです。

この「トラッキング現象」を防ぐには、こまめにコンセントにたまった埃をとり、コンセント自体も抜き差しすることです。そうすれば省エネにもつながります。 ほかにも、球面上のガラス製品に直射日光があたり、ガラスがレンズのような役目をし、発火してしまう「収れん火災」というものもあります。 直射日光のあたるような場所に、花瓶などのガラス製品を置かないようにしましょう。

では、防火対策にガラスがどのように関わっているかみていきましょう。

Copyright (C) 日本板硝子関東販売(株)all right reserved.